いつも準備中

アクセスカウンタ

zoom RSS 青い紙を待つ

<<   作成日時 : 2008/11/25 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
「記者のみんなさん、ちょっとホールの外で待ってください。成績をあげる時間です。すぐ写真がとれます。」校長がそれを読んで私にずっとドキドキさせました。
  
 十七才の八月のある朝、私と同級生がみんな学校へ帰りました。卒業試験を受けてから二ヵ月になって、その日試験の成績をもらえることになっていたからです。その二ヶ月間は夏休みの暇な生活を楽しんだけれども、卒業試験に落ちたらどうすればいいかわからなくて心配したときも多かったです。 

 香港の教育制度はイングランドのを基にして設計されていて、高校の卒業試験は自分の学校の試験ではなく、全市の十万以上の高校生が一緒に受ける大事な試験です。卒業生が大学予科に進学できるかどうかその試験の成績によって決められます。予科に進学できなかったら、大学の入試に受けられなくて大学に入るのは難しかったです。ですから、成績をもらう日は学生と家族は言うまでもなく、新聞やテレビやラジオの記者にとっても大切で忙しい日です。翌日十の科目で全部Aを取った学生や成績が悪かった学生の悲しい顔がみんなニュースと新聞の記事になります。私の高校は歴史が長くて全部Aを取る学生が多いため、毎年多くの記者が集まっている所の一つです。

 朝六時半にすぎなくったって、真夏の太陽がもう大きくて赤くなりました。全然寝られなかって早く学校へ帰ろうと考えました。台所にいた母は私を見て、「朝ご飯を食べてゆっくり学校へ行ったほうがいいよ」と言いました。私は「食べないよ。これから学校へ行くところだ」と答えて家から出ました。

学校に着いたら、先生と同級生がだんだん多くなりました。自分で椅子に座ったら、背が低い中国語の李先生がどこから私の方に来るのが見えました。

 「先生、おはようございます。」
 「久しぶりですね、カイヒンさん。どうしてカイヒンさんの顔が白くなっているんですか。夏休みに家でコンピューター ゲームばかりしていましたか。」
 「そんなことありません。多分今朝何も食べなかったからでしょう。」
 「今日は大変な日だから、朝ご飯を食べないのはだめですよ。私はミルクが買ってあるから、カイヒンさんにあげましょう。」

 私は李先生のミルクをいただいて、ごくごく飲んでしまいました。素晴らしいのはミルクを飲んで、少くゆっくりできたことです。

 八時になると多くの同級生と記者が集まって、みんなぺちゃくちゃ色々と話していました。突然、ホールのドアが開いて、校長先生の声が聞こえました。「五年生のみなさん、規律正しくに入ってください。記者と家族のみなさん、そのまま外で少々待っていてください。」最もドキドキしたときが来ました。

 ホールの自分の椅子に座って、李先生を始め、他の授業の担当の先生が成績証明書を持って、ホールに入りました。その青い証明書はテレビや新聞で見たことが多かったですが、自分のをもらったら、人生のステージを一つ終わることを象徴する大切な紙でした。

「あーの、今年はみなさんの成績がとてもよかったですね。Aが十もらったのは一人だけですけど、全体は三百五十以上のAをもらって、十年間で二番目にいいです...」私は学校の全体の成績が知らなくてもよくて速く私の成績証明書をくださいと呼びたかったです。後の人もそれをぶうぶう言っていました。   

 ついに、自分の成績をもらいました。同じ高校の予科に進学できて、人生の新しいステージを始めようと思いました。携帯電話で母に成績を言ってあげて、母もうれしがっていました。母と話していたとき、いつかホールに入った記者に私の写真をとられました。私は李先生に感謝して、すぐ家へ帰ってそのまま十時間寝ました。翌日の新聞に私の写真があったかどうかを調べなかったので、今まだわかりません。

 その夏の後、年が経つにつれ成績をもらった日のことは尊い記憶になりました。毎年八月に高校卒業試験の成績に関するニュースを聞くと、ホールの椅子で証明書を待つときの気持ちを思い出します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなに大事な試験のけっかを待って不安になるのはいうまでもありませんね。でもチュイさんを入れて、学生はおおぜいがいい成績を取って進学ができてよかったことですね。それにチュイさんの李先生は親切なそうです。チュイさんのために考えて、自分のミルクも上げたのです。特別な先生ですかな。

では、作文がほとんど分かりましたけど、この文、「私の高校は歴史が長くて全部Aを取る学生が多いため、毎年多くの記者が集まっている所の一つです。」の意味がよく分かりませんでした。集まっている所の一つは何で、どうやて学生がいい成績を取らせますか。ちょっと説明してくれますか。
キャシー
2008/12/01 01:34
チュイさんの作文を読むまで香港でこのように高校の卒業試験の成績が重要だということを知りませんでした。韓国や日本と同じように、大学の入学試験のほうが大変なんだとばかり思っていたので、これは意外でした。

あ、それからキャシーさんが質問しているので、答えてあげてくださいね。
ヒロシ
2008/12/01 06:33
>キャシーさん
記者は全部Aを取る学生の写真を撮るため、全市の有名な高校で集まります。私の高校はいつも全部Aを取る学生がいるから、記者が毎年そこへ行きます。

いい成績を取る学生が多いのは、大体私の高校のが古いし、公立学校で学費が安いし、英語で授業を行っていたら、毎年入らせる一年生が多分いい学生からでしょう。実は、先生たちは親切ですけど、授業を行うのはちょっと...
チュイ
2008/12/01 15:23
ちょっとおかしいことだと思う!その成績式は本当にアメリカの文化にはないかもしれない。 よく分からなかったから、ちょっと説明しなさい:その成績はみんなの前に知らせられたか? それだったら、もちろん緊張しているやろ!?よかったら、みんな「あぁえらい」と思ってるけど悪かったら「へぇ、そんなバカな学生」という考えでばかにされるかもしれない。こわい!
ダニエル
2008/12/02 02:49
>ダニエルさん
私の高校はそうしなかったですけど、Aが十もらった人を始め、Aが九もらった人やAが八もらった人やという風に順番で成績証明書を先生にくださう高校がありました。成績がとてもいい学生は翌日ニュースになって、もちろん有名な人になりました。成績が悪がった学生は同じ高校に進学できながったから、「バカ」になったのは多分誰も知っていました。17才の少年にとって、それは確かに楽しくなかった経験ですね。
チュイ
2008/12/02 14:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
青い紙を待つ いつも準備中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる